来年以降のメキシコでのF1開催に希望


Claudia Sheinbaumメキシコシティ市長は、来週F1のファンにとってよいニュースがあるかもしれないと報じた。

メキシコでのF1開催の可能性はまだゼロではない(かもしれない)。メキシコシティの市長は、F1のファンにとって知らせがあることを肯定した。

当市長は次のように言っている。「今週から来週にお知らせすることができます。メキシコシティでF1を開催し続けるため、F1組織・様々な企業・メキシコシティ政府関係者間の多大なる努力が実りました。でもこれは公的資金を使用しません」。

「まだ100%保証はできないが、いいニュースを届けることができると思います。私たちはF1という素晴らしいスポーツイベントがメキシコシティからなくならないように努力しています。」

ペニャ・ニエト前政権は20億ペソ(1億ドル相当)以上を投資して、23年ぶりにメキシコにF1をメキシコで開催し、この投資はメキシコ観光審議会によって実行された。メキシコでは4年間続けて、F1開催中、他の開催地が達成することがなかったほどの良いレースを記録した。

メキシコ連邦政府によると、F1は国内で最も収益のあるスポーツイベントだと言う。

来週のニュースが楽しみである。


最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。